You are hereFuture Students

Future Students


tossing hut at graduation
Welcome to カリフォルニア州立大学ポモナ
1: 2017 summer seminar 6月26日から8月18日 開催 2: Silicon valleyのspeakers such as Google,Yahoo, SalesForce,
CISCO, Fog Systemなどなどから、Innovative new business model, products such as wearable glasses, driverless car, Ubaur taxi,Telematrix, cloud 【雲)から Fog(霧)ビジネスなど

3: 2016年 米国企業内、実際のwork experiencesができるintership。日時は、参加期間は、参加者の可能な期間を、できるだけ、サポートしますが、 受け入れ側の会社の都合と当大学での、参加準備の都合で、変わります。

Global 人材育成を考えている会社、個人の人が対象です。当大学の’理論と実践’を 実行し、世界のどこでも、仕事ができる、日本の若者を育成し、
日本の若者の目がキラキラした、人材を育成するのが、私達の目的です。

_______________________________________
  ~グローバル 次世代高度IT人材育成~

ー日本の森をそとから見よう。日本の森の中から世界の森は見えないー

米国企業内での実践、internship経験をしてみませんか

BusinessとICTをInnovativeに融合、デザイン、提案できる
   人材育成を米国で学ぶ実践セミナー)

silicon valley の企業 Google, Yahoo,Sales Force、CISCO,FogSystemのspeakers やPeter Druckerの愛弟子Innovativeな教授博士達から学ぶ 直接学ぶ

「業の経営戦略に同期した情報システム構築の為の]超上流の要求マネジメント

BABOKビジネスアナリスを米国で学ぶ実践セミナー

International Institute of Business Analysis(IIBA)公認コース
米国最先端の要求工学

”PBL: Project Based Learning”
“Learning by Doing” 「理論と実践」

米国型システム開発経験

カリフォルニア州立大正規クラス参加可能

クラウド新時代のビジネスモデルとIT戦略を体得する。

グローバル・次世代ITプロフェッショナル人材育成プログラム

  企  画   カリフォルニア州立工科大学 ポモナ校
(California State Polytechnic University POMONA)
      情報工学部 教授 一色浩一郎
後 援   特定非営利活動法人 高度情報通信人材育成支援センター
         CeFIL:Center for Future ICT Leaders    
         国際ビジネス・アナリスト協会(IIBA BABOK)

カリフォルニア州立工科大学情報工学部教授陣と米国一流企業専門家により
「理論と実践」Learning by Doingをテーマに、講義と実習を米国で学びます。
(同時に世界一IT企業訪問などを通じてグローバルゼーションの今を体験します)
  

_______________________________________
■プログラムの特色

グローバルな人材育成

  1. 1.当セミナーの目的は:参加者にグローバル次世代高度人材になっていただく。
  1. 2.グローバルなじんざいとは:日本だけでなく、世界のどこにいっても、仕事ができることです。

Innovativeな人材育成セミナー
オープンな考え方の米国で ピータードラッカー博士のInnovative Thinkingを博士の愛弟子教授陣によるBabokNO
S期LLせTSのおっ用を持参の自社プロジェクトに反映、理論と実践をPBL(Project Based Learning)を通じて、実践するセミナーです。

米国型のITプロフェッショナルに育成するように、多面的な講義と実習を集中的にします。
講義と実習については、英語の授業に慣れるために授業開始時は日本語を交えながら授業をおこなった後に英語でCal Poly教授及一流専門家が授業をおこないます。
「授業をより理解するには、講義学科や専門用語を日本語で事前の予習が大切です」

 1.授業のねらい 
IT開発において、曖昧な要求仕様により設計・実装をおこなった場合、多くの開発現場で手戻りがおき、委託者と受託者間で契約不履行などの問題が多々発生しています。
米国では、曖昧な要求にならないように要求工学アプローチで要求を抽出・管理しています。
そこで、米国の要求工学(要求抽出・仕様化・検証・管理)プロセスを学習していきます。
また、要求工学を踏まえて今日的なシステム開発手法(Agile)やシステムデザインの方法論を学習して、ソフトウェア生産のムダ・ムリ・ムラなどを基盤にした効率的生産性を学びます。
これらの要求工学プロセスやソフトウェア工学の実践に際して、PMOの考え方を基盤として、ITプロジェクトマネジメントの実践方法をPMOの専門家から学習します。
同時に、米国のITビジネスモデルや先進的なITトレンドを企業訪問などで体感します。
そして、Computer Forensics・Web2.0-3.0・Enterprise 2.0の最新技術も実習します。

 2.関連科目 
要求工学・PMBOX(プロジェクトマネジメント技術)・PMO・ソフトウェア工学・OOM(オブジェクト指向方法論)・セキュリティー先進技術(コンピュータフォレンジック)・システム開発(RUP)システムデザイン方法論・アジャイル開発論・Web2.0-3.0・Enterprise 2.0先端技術各種法 ・PodCast技術法(RSS)実践論・GIS、GPS技術論AP技術論・アウトソーシング方法論
プレゼンテーションスキル・コミュニケーションスキル・リーダシップスキル実習
(関連科目については、日本にて事前学習(ネットや出版物で概要理解)をして下さい)

 3.成果と目標 
受講のゴールは、リーダシップを備えたグローバルでフレキシブルな米国型のITプロフェッショナルを目指します。要求工学、PMOや新しいシステム開発の方法論と新技術を学習して、これからのオフショア開発にも対応できる次世代の高度なIT人材になる事を目標にします。

________________________________________
一色 浩一郎(いっしき こういちろう)教授 Dr. Koichiro Isshiki  
カリフォルニア州立大学ポモナ校のコンピュータ情報工学教授で、コンピュータ ソフトウェアの世界的権威。1941年京都生まれ、四国・松山育ち。 1971年、UCLA(カリフォルニア大学、ロサンゼルス分校)で博士課程を終えた後、準教授を経て、1980年に教授就任。大学ではITの最先端情報学の教壇に立ち、米国のNCC(National Computer Conference)では委員長、講演者として著名。日本では、新聞社との共催講演をはじめ、多くのシンクタンク系企業、コンピュータ関連企業、団体等で講演を行っています。

Please join our seminar.

Please contact regarding seminar via e-mail:
Prof.Isshiki
Dr. Koichiro Isshiki, professor
Computer Information Systems Department
California State Polytechnic University, Pomona
krisshiki@cpp.edu
phone:909-869-3240



Search

Who's online

There are currently 0 users and 1 guest online.